イエロー組がポロポロと

    <お知らせ> 

ご訪問、ありがとうございます。引っ越しをしました。宜しかったら新ブログの方へお越し下さいね。

新ブログ:小さな庭でも Rose Garden~♫ http://imi220rosegarden915.blog36.fc2.com/

イエロー組のグラハム・トーマス&クラウンプリンセス・マルガリータがポロポロと咲いてます。このお二人は春以降も咲いてくれますが、ビューンと伸びた枝先に咲く程度。まー咲かないよりはましね。

グラハム・トーマス

  Dsc00025

Dsc00019

クラウン・プリンセス・マルガリータ

Dsc00014

Dsc00026

タカサゴユリ

Dsc00002

Dsc00003

伸びて伸びてパーゴラよりも背が高くなってます。ユリってこんなに大きくなるものかしら?
このユリは野生種だけど香りがとても強く、周囲はユリの香りで満ちてます。

<トラ兄ちゃん × ミィーちゃん>

元気になったミィーちゃん、夜鳴きが戻ったと思ったら今度はトラ兄ちゃんへの八つ当たりも再開。しばらくの間だノンビリできたのにねトラ兄ちゃん。

※ご訪問ありがとうございます。宜しければ、応援のクリックをお願い致します。※

              にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

| | コメント (12)

私のブログ通信簿

              <お知らせ>

ご訪問ありがとうございます。
新しいブログに引っ越しをしました。新しいブログも宜しくお願い致しますね。
引っ越し先は

http://imi220rosegarden915.blog36.fc2.com/

今後も宜しくお願い致します。

夏休みは嬉しいけど通信簿が気になりますよね
私も自分のブログに通信簿を頂く事にしました
いつもお世話になってるリンク友のモモコさんに教えて頂き実行。結果は、ブログ年齢10歳?これってブログ内容が幼い?幼稚?という事ですよねモゥ~落ち込むわ。もう少しいい点が貰えると思っていたのにな~。

Tushinbo_img
ブログ通信簿の入口是非やってみて下さいね(無料で採点して頂けますよ)http://blogreport.labs.goo.ne.jp/

<真夏のERアンブリッジローズ>

Dsc00081

Dsc00083
良く咲いてくれるけど可愛いカップ咲きのお顔が・・・・・

Dsc00088
多年草リヤトリス&宿根草ルドベキア・タカオ
<リヤトリス>
和名:キリンギク
花色:桃~濃紫、白 
咲き方:槍咲き、玉咲きがあります。
生け花や仏花としても利用されます。

<ブラッシュ・ノアゼット>

Dsc00090
ノアゼット系の中では成長がゆっくりな子。蕾を摘雷して伸びる方に頑張ってもらってるけど、本当にゆっくりな子です(摘雷をし損なった蕾より咲いてる花です)

Dsc00094
まだ、少し血尿が続いてるミィーちゃん。
病院通いが怖くて借りてきた猫状態。病院に行くと必ず、暫くは大人しい日が続きます。夜鳴きもお休み中、おかげで夜はグッスリ眠れます。定期的に病院に行ってもらおかしら(ミィーちゃん、血尿は少し持続してますが、本人は元気にしてます。ご心配して頂きありがとうございました)

Dsc00093
毎度、グッスリお休み中のモモちゃんです。朝は涼しいから寝やすいね。
Dsc00096
久し振りのトラ兄ちゃん、凛々しい横顔ね。

| | コメント (22)

フォルスタッフの枝数を増やす&チャールズ・レニー・マッキントッシュ特集

ERフォルスタッフの枝が1本のみビュ~ンと伸びだし、
この場合は
「勢いのある枝はピンチして他の枝にも養分が均等に回るようにする」
「ピンチを繰り返して枝数を増やしていく」
「冬の誘引時まで折れないように真っ直ぐに伸ばして置く」
などですが、枝数を増やしたい私、待つのが嫌なのでピンチせずに斜目に誘引して枝数を増やす事に。これなら数回ピンチを繰り返さなくても一挙に枝を増やすことができるので。

Dsc00011
7月11日現在のフォルスタッフ 斜目に誘引

Dsc00065
誘引後8月7日現在のフォルスタッフ 枝がいっぱいできました。
Dsc00079
こちらはパーゴラに誘引してるERクラウン・プリンセス・マルガリータのシュート。
パーゴラの上部まで真っ直ぐに伸ばしてるので芽吹きしてません。
枝を増やしたい時は、斜目に誘引ですね。

<ERチャールズ・レニー・マッキントッシュ>

春以降も休まず繰り返し咲いてくれるので、少しお休みをさせてあげよと早めに花柄切り、整枝をしたのに又咲きだしました。この子は開花サイクルが短いのですぐに蕾が上がって来ます(画像では分かりにくいですが可愛い蕾がいっぱい付いてます)
この暑さの中でも、とても良い香りを漂わせています。

Dsc00064
Dsc00057
Dsc00059
Dsc00058
Dsc00060
Dsc00061

モモ:この子、コジロウちゃんより可愛いニャ~

Dsc00076

※ご訪問ありがとうございます。応援のクリックをお願い致します(いつも応援クリック、ありがとうございます)※

                にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

| | コメント (6)

とても可愛いシャルロット&ミィーちゃんの病気

ERシャルロットが可愛いコロコロ顔で咲いてます
この子は真夏でも繰り返し咲いてくれます。お顔も暑さに負けず、本来のコロコロ顔で咲いてくれます。優しいレモンイエロー、この花色ならイエローが苦手な方にでも好かれそうね。

Dsc00038_2
ERパット・オースチン
この子も繰り返し良く咲いてくれます。
でも、この子は暑さが苦手な子。真夏は1日で開ききってこんなお顔に。
Dsc00029
国色天香
この子も暑さは苦手のようで真夏は花弁が少なく開ききったお顔に。
Dsc00031_2
ERクラウン・プリンセス・マルガリータ
ビューンの伸びた枝先に房になって咲きます。
春以降、ビューンと伸ばした枝の先に咲かせます。。
Dsc00026
クレマチス:ヘンダーソニー
Dsc00022

ミィーちゃんが大変です。尿路結石の疑いが・・・
今日、皮膚病が再発したミィーちゃんを病院に連れて行く事に。まず体重測定、何と昨年より1キロ増えて6.7キロに。ぎゃぁ~、ミィーちゃんで6.7キロならモモはどうなるの・・・モモの体重を計るのが怖~い。

余談は置いといて診察の内容へ。体重が6.7キロもあるので腹部診察を受ける事に。ミィーちゃんのお腹を熱心に診察後、「オシッコ出てますか?」「出てるけど、おトイレでしなくなって・・・」「やっぱり、それは結石の疑いがありますよ」「急にトイレで排泄をしなくなった場合は色々原因はありますが、まず病気を疑って下さい」「結石があると尿がスムーズに出なくて落ち着かないのでおトイレでしなくなることがありますから」とDrの説明に2度ぎゃぁ~、もっと早く気が付いてあげなかったのかしら・・・バカな飼い主でごめんね。
しばらくは、皮膚の方と結石の治療で病院通い、薬を飲ますのが大変だ!。ミィーちゃん、力が強く主人と二人がかりでも飲ますのが大変なんです。今日からミィーちゃんと格闘で~す。

※ご訪問ありがとうございます。応援のクリックをお願い致します(いつも応援クリック、ありがとうございます)※

               にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

| | コメント (16)

賽昭君(サイザウチェン)咲き進んだお顔も素敵&クレマチス:アルバニー

クレマチス:アルバニーが主役のいないパーゴラの上で咲いてます。
主役のナエマさんは、生育がゆっくりなのでこの舞台に立つのは来年ね。

 Dsc00021
Dsc00019
ERグレイス
少し涼しくなってきたので、本来のアプリコット色が戻って来ました。お顔は、まだ夏顔だけどね。
Dsc00018

          賽昭君(サイザウチェン)
Dsc00019_2
               ⇩⇩⇩
Dsc00009
先進むとこんなお顔になりました(一枚一枚の小さな花弁が可愛い)

Dsc00006
モモちゃん、お気に入りのブーブーちゃんで遊び疲れたら一休み。

※ご訪問ありがとうございます。応援のクリックをお願い致します(いつも応援クリック、ありがとうございます)※

              にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

| | コメント (4)

夏のお手入れ(剪定編)

もう少ししたら秋バラのためのお手入れが始まりますね。
でも、まだまだ暑いしお手入れは大変、何とか手抜きが出来ないでしょうか、出来たら嬉しいですよね。

<夏の剪定>
秋に良い花を咲かせるための作業で、一般的に8月の20日以降から9月10日頃までに行い(寒冷地や遅咲きのバラは早めに)秋に一斉に(開花を揃わす)咲き誇るようにするために行う作業です。
夏剪定をすると約1か月は、次の花が咲きません。秋にまとめて咲かなくてもよいのなら必要なく、花がら摘みの繰り返しで花を連続して楽しむのもいいと思います。

また夏剪定は、高温多湿の日本ならではの作業で欧米などは夏剪定を行わず、花がら切りを繰り返すそうです。日本でも涼しい地域なら夏剪定を行わなくてもいいようです。
暑い時期の剪定がなければ楽ですよね。

剪定する種類:ハイブリドティー・フロリバンダなどの四季咲き性ブッシュローズ、それに近いシュラブローズ、ミニチュアなどですが、基本的にはハイブリドティー以外は不要な作業です。また下葉が落ちてしまっているバラや元気のないバラも剪定せずに花がら切り程度で留めるのが無難です。

完全な四季咲き性のツルバラやシュラブ系(イングリッシュローズのブッシュローズは除く)は夏剪定が必要なく、剪定しても反発して伸びるだけで花が付きにくい場合が多いです。
勢い良く伸びるシュートの枝先を軽く剪定した場合は、花が咲く事がありますがハイブリドティー・フロリバンダのように開花時期を調節する事は出来ないのでいつ咲くかは???です。

剪定の高さ:基本的には春から伸びた枝上部1/4~1/3程度を切リ戻す。
シュラブ系のバラは、勢いのある枝の先端を軽く切り戻す(それ以外の細枝などはそのまま切らない方が花を付ける事が多いようです)
剪定時に下葉が殆ど残っていない場合は、剪定を行わずに新しい芽がでたら液体肥料を1回/1~2週を2~3回施すと秋に花が楽しめるようになります。
また、剪定の1週間程前に即効性の肥料を軽く与えて置くと剪定後の芽吹きがしやすくなります。

よって私は、手抜きを選びます

我が家のバラは、殆どがイングリッシュローズ。ブッシュタイプもシュラブタイプ同様に花がら切りのみで。普段からこまめに花がら切りをしていたら夏剪定は、そう難しく考える必要はないので。
ハイブリドティーも数本育てていますが、普段から花がら切りを少し深めにしているので改めて夏剪定はしない事にしました。

次は肥料だけど疲れたので次回に・・・・・楽しみにしててね(また来てね

今日のお庭のバラ
Dsc00003
ER:チャールズレニー・マッキントッシュ
この暑さの中、とても綺麗なお顔で咲いてます。
Dsc00030
HT:バニラー・パフューム
ピンクが強く出てるけど、本来のお顔はクリームベージュ色で花弁の多い綺麗なバラです。
Dsc00035_2
ERヘリテージ
暑さが少し落ち着いたせいか、本来の綺麗なマキマキお顔が戻って来ました。
Dsc00036
チャイナ系オールドローズ:紫燕飛舞
ERウィリアム・シェークスピア2000と似たマキマキのお顔が暑さで・・・・・今回は、一番ひどいお顔ね。でも素敵な香りは変わらずね。
Dsc00033

ERパット・オースチン
花持ちの悪さは、暑いから仕方ないわね。でも繰り返し蕾が上がって来ます。こんなに咲いてくれるのに花持ちが悪いのは・・・・・
暑さの中、この色、元気が出て来ます。

Dsc00029
モモちゃんもPCする?
PCする猫なんて・・・一躍スターだね。本を枕にしてないでお勉強する?

※ご訪問ありがとうございます。応援のクリックをお願い致します(いつも応援クリック、ありがとうございます)※

              にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

| | コメント (12)

蝶々のような今日の賽昭君(サイザウチェン)

今日も暑いですね。
今日こそはと計画していたお手入れは又延期に・・・・・

チャイナの賽昭君(サイザウチェン)、今日のお顔は、とてもチャーミング。
透明感のある花色、まるで蝶々のようです。派手さはないけど他のバラには無い魅力です。
ヒラヒラ、クシュクシュ感が可愛い
真夏でこのお顔だから、秋はどんなお顔を見せてくれるのかしら楽しみです。

Dsc00019
Dsc00018

ERアンブリッジローズ
本来のコロコロ感、アプリコット色でないけど可愛いですね。
 Dsc00014
Dsc00015
蕾はアプリコット色。

Dsc00026
フレンチローズのナエマ
今年の春に大苗で注文、やっとパーゴラに届く大きさになりました。
来年の春はパーゴラの上で咲くナエマが見れそうです。
後ろの枝は、グラハムトーマス君です。横からビューンと伸びてパーゴラーを占領しようとしてます。このパーゴラの主役はナエマさんだから、冬場に何とかしなくては・・・・・何とかしないといけない子がいっぱいで冬場が大変、困ったわ。皆、自由に伸ばしてあげたいけど・・・・・あ~広いお庭が欲しいよー。

Dsc00028
居候ニャンコのコジロウ女王様
外出から帰宅するのを待ちかねていたのか、ドアを開けるなり私たちより先に家の中へ。
昼食後は、ご自分のお部屋でお休みニャンコ。

※ご訪問ありがとうございます。応援のクリックをお願い致します(いつも応援クリック、ありがとうございます)※

               にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

| | コメント (6)

賽昭君(サイザウチェン)が開きました&ソックリさん?

朝は、ちょっと涼しくなってバラのお手入れがしやすくなったけど、早起きの苦手な私は絶好のタイミングを逃がしてしまい消毒が延び延びに。

ERジュード・オブ・スキュア
コロンとした深いカップ咲きのジュードちゃん、甘いフルーティーな香りを漂わせてます。

Dsc00019
Dsc00020
                      &
Dsc00021
こちらはERシャルロット
この子もコロンとしたカップ抱き、上のジュードと似てませんか?

ジャマンカモミール&ルドベキア・タカオ

Dsc00014
                     &
Dsc00015_2

花芯がイエローはジャーマンカモミール、茶色がルドベキア
この両者も似てません?

チャイナの賽昭君(サイザウチェン)が開きました。
今回は、こんなお顔。ちょっと崩れすぎね(秋に期待)でも、やわらかく繊細な花弁でピンクのグラディションが可愛いです。

Dsc00006
Dsc00004

モモちゃん、暑い時はモモ開きが一番ね。
Dsc00009

※ご訪問ありがとうございます。応援のクリックをお願い致します(いつも応援クリック、ありがとうございます)※

                にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

| | コメント (10)

ローズ講座のテキスト4を学ぶ&賽昭君(サイザウチェン)

ローズ講座
今回は、バラを楽しむための内容になっています。

生花のアレンジ:ドライフラワー、プリザードフラワーのアレンジの仕方

ローズビューティー:バラの薬効、有効成分について・美容へ応用・ローズバス・香りを楽しみ方

バラを味わう:ローズドリンク・ローズスィーツなどとなっています。

この中で気にいったのが‘ローズ風味のリンゴジャム、ローズケーキ(パウンドケーキ)、簡単に作れそうなので、時間があれば作ってみたいなー。
勿論、材料のバラは、無農薬が条件になります。

Dsc00012

ERウィリアム・モリス
伸びた枝先に小ぶりのお花。
夏場は、小振りでグルグルマキマキが少な目で花持ちも悪いけど、よく繰り返し咲き、可愛いから許してあげる。


Dsc00004

チャイナの賽昭君(サイザウチェン)
2番花が開花しようです。1番花は残念なことに‘お花かじり虫’の被害にあい見る事は出来ませんでした。
今度は大丈夫、見れそうです。
春と夏は、別人のようなお顔、色々なお顔を見せてくれる賽昭君、秋はどんなお顔かしら。

昨日の雨でシミができてしまったけど、ピンクのグラディーションにアプリが少しのり、クシュクシュとした愛らしいお顔、スカビオサのような花形に咲きます。キレイに整った花形でないけど、やわらかく、繊細なお顔が魅力のバラです。香りも甘く強香、リンゴのような、リンゴでないような香り、でも素敵な香りで

冬に植え替えをしてあげようかなー。大きいな子の間にいるのでちょっと日当たりが悪いから。チャイナ系は半日陰でもよく咲くのですが、やっぱり日陰よりは日が当たる方が良いですよね。

Dsc00002

モモちゃん、コジロウちゃんのご飯を食べたらいけないでしょう。
ダイエット、ダイエット、お母さんと一緒にダイエット中でしょう(私もお腹が空いた。何か食べた~い)

Dsc00009

※ご訪問ありがとうございます。応援のクリックをお願い致します(いつも応援クリック、ありがとうございます)※

             にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

| | コメント (8)

2色咲きのヘリテージ

植えて7年目、今年から1株に2色で咲くようになったERヘリテージ
白(クリームにアプリが混ぜっ多様な白)とピンクの2色咲き。白い方は枝変わりのローズマリーみたい。

このヘリテージ、今後どうしようかしら。このまま2色を咲かせて行こうかしら。

Dsc00005_2
Dsc00016
どちらも綺麗なマキマキのお顔じゃないけど、この暑い時期では仕方ないですね。

ERモリニュー
開きかけがとても可愛いです。

Dsc00022
Dsc00024
Dsc00023
咲き進むとこんなお顔に。グレイスみたいなカクタス咲きになります。
春は、色濃く山吹色っぽく咲きましたが、今回はソフトレモンクリーム色ね。香りはティー系なんだけどムスク香も少し混じった香りで強く香ります。
自己主張がなく、ちょっと地味過ぎる子ですが春から繰り返しよく咲いてくれてるバラです。

クレマチス:ニオベ
渋い赤色のビロウドのような質感の花が魅力的なクレマチスです。

Dsc00019
Dsc00018

あら、モモちゃん、今日はキリットしたお顔で凛々しいわね。
いつものアホ面は何処へ・・・
Dsc00036

※ご訪問ありがとうございます。応援のクリックをお願い致します(いつも応援クリック、ありがとうございます)※

             にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ  

| | コメント (12)

| | コメント (0)

パピ・デルバールがやって来ました♪

フランチローズ:パピ・デルバールがやって来ました
Dsc00007
Dsc00009
大きな苗にもっと小さな苗かなーと思っていたので嬉しい。葉の状態も割と綺麗だし、これならOKね。冬の植え替え時まで鉢植えのままでいてもらう為に大きな鉢に植え替えしました。

パピ・デルバール:オレンジ、イエロー、アプリコットの混じった暖かな花色
           ソーサー型ロゼット咲き
           新鮮なフルールの香り(強香)
           耐病性が飛び抜けて強いバラ

Dsc00010
HT:ラガーフィールド 別名「スターライト」
花びらの巻き具合がとても美しいソフトシルバー色の芳香種(強香)
樹高1・4mとなっているけど、我が家の子の子は2m級。花がら切り時に深めに切るけど伸びます、伸びます。

Dsc00015
ERクラウン・プリンセス・マルガリータ
春以降は、ビューンと伸びた枝先に繰り返し良く咲いてくれますが、ビューンと伸びた枝先だから花がら切りが大変、届かないよー

Dsc00021
FLブルーリバー
濃いラベンダー色の外弁が赤紫に染まる。とても強い香りがあります。
バラを育て始めた頃の、ERと出会うまでのバラです。
ERと出会い、全面的に入れ替えをしたのですが、このブルーリバーを含め数本だけ残ってます。香りが素敵な事と、よく咲いてくれる事で残ってるバラなんです。

Dsc00022
ERエブリン
この子は、今日届いたパピ・デルバールと入れ替えするエブリンでなく、前庭でコンパクトに育ってる子。でも、この子も強大化の兆しが・・・大変、強大化はクラウン・プリンセス・マルガリータだけで勘弁してね。

Dsc00006
我が家のアイドル:モモちゃん
大好きなコジロウちゃんと一緒で嬉しいね。でも、気を付けてね、コジロウ女王様はいつ牙をむくかわからないわよ。

※ご訪問ありがとうございます。応援のクリックをお願い致します(いつも応援クリック、ありがとうございます)※

              にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

| | コメント (6)

我が家のポ〜ニョ♪ポ〜ニョポニョ♪♪♪&今日のバラ

我が家のポ〜ニョ♪
       ポ〜ニョポニョ♪♪♪

我が家のポ〜ニョ♪ポ〜ニョポニョ♪♪♪お腹、ポニョポニョ〜。
モモちゃんのお腹は、ポ〜ニョポニョ♪♪♪ 
やっぱり健康のためにダイエットだね。

<我が家のバラさん、連日の猛暑にも負けずに頑張ってます>

 Img72872
ERフォルスタッフ
ロゼット咲きのお顔が、こんな顔に。でも素敵なオールドローズ香は、この暑さの中でも健在ね

Img46291
ERアンブリッジローズ
2番花は、ピンクっぽく咲いてたけど、今回は本来のアプリコットに近い花色で咲きました。
この子もポツポツだけど繰り返し頑張ってるわね。

Img21827
FLミスティ・パープル
この子の花色も画像では難しいわね。本当は、もっと素敵な色なんです。
透きとおるような青みのあるシルバー色なんです。香りもとても素敵なんですよ(ウットリ

Img18496
オキザリス:紫の舞の2番花が咲きました。
三角の葉をもつ夏咲きのオキザリス。
このオキザリスは淡いピンクの花が可愛いけど、花よりも葉に観賞価値があるオキザリスです。

Img29734

三角形の葉が3枚、各小葉の中心には、やや薄い紫色の斑が入ります。

Dsc00024
お隣さん家との境界線の隙間に、勝手に咲いてる松葉牡丹
何処から種が飛んで来たのかしら。ご近所で育てられてる家がないんだけど。

※ご訪問ありがとうございます。応援のクリックをお願い致します(いつも応援クリック、ありがとうございます)※

              にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

| | コメント (18)

咲き続けるバラ:プリンセス・ド・ナッソ

今年の春に新苗で迎えたノアゼットのプリンセス・ド・ナッソがやっと開花しました。
生育がゆっくりなので蕾は咲かせずに枝を伸ばすようにするのがいいのでしょうが、やっぱりお花は見たいですよね。

クリーミィ・ホワイト~純白のセミダブルでカップ型の花、フワフワした透き通るような花びら、ムスクの素敵な香りときたら咲かせずにはおられませんよね

エメ・ヴィベール x  ブラッシュ・ノワゼット = プリンセス・ド・ナッソ
そしてプリンセス・ド・ナッソからマドモアゼル・ブランシュ・ラフィート誕生と言われてます(本当
かどうかは???)

 Img10397
夜、撮ったプリンセス・ド・ナッソ

Img90271
こちらは午前中にパチリ。
蕾は、ピンクだけど開くと純白。香りは勿論素敵でした。
伸びたら咲かないモッコウバラと入れ替え、ラティスに誘引する予定。ゆっくりな生育の子なので、来年までどのくらい伸びるかしら。冬になっても咲き続けてるそうなので期待大です。
Img78618
たいつり草、ハート型が可愛いです。花期は春~初夏なのでボチボチ終わりかなー。宿根草なので秋から葉が枯れ始めますが翌年にはさらに大きな株に(楽しみだわ)。

たいつり草は、大株になっても葉が密に茂らないのでクレマチスの側に植えてます。適度に日陰を作り、蒸れないので暑さが苦手なクレマチスの側に植えて株元を強い日差しから守ってもらってます。

Img92944
アゲハチョウの幼虫。蝶がデカければ幼虫もデカイ(これはまだ小さい方なんですよ。もっとデカイのがいます)油断してるとレモン葉を食べて丸裸にしてしまう大食漢です。
気持ち悪いほどレモンの葉の緑に似てるので、よ~く探さないと見逃してしまいます。
このイモ虫、言うまでもなく、お隣さんお庭にポイ。これだけ大きいとゴミ箱に入れるのが何か可哀想で、罪悪感を感じてしまうので・・・)

気持ち悪いものを見た後は、気持ちを切り替えて綺麗な花火を・・・・・

Img7026
お買い物でおまけに頂いた線香花火、夕涼みを兼ねて主人と一緒に花火を楽しむはずが・・・主人、線香花火の持ち方を知らないの。
上を向けて持つから、「上を向けたらダメでしょう」と言うと今度は真っ直ぐ前に突き出すんですよ。線香花火は下に向けないと綺麗じゃないのに、楽しい気分が・・・

Dsc00014
我が家のアイドル:モモ
この寝顔、癒されます。
             
Img16368
犬小屋に居候中のミケ姉さん
最近、お腹が空くと甘えてスリスリして来るんですよ。それなのにまだ触る事は許してくれませんが。今年で我が家に住み着いて8年目なのに・・・いつになったら触れるのかしら。

※ご訪問ありがとうございます。応援のクリックをお願い致します(いつも応援クリック、ありがとうございます)※

             にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

| | コメント (10)

暑さもぶっ飛ばす元気印のチャールズ・レニー・マッキントッシュ

カンカン照りの毎日、でもお庭の子は元気に咲いてくれてます。
その中でもERチャールズ・レニー・マッキントッシュは、暑さもぶっ飛ばすほど元気です。

Img39861
ほらね、元気でしょう。真夏でも元気に繰り返し咲き続けてくれる‘お利口さん’なん
です。
Img44911

Img72655
このコロコロのお顔、ライラックピンクにちょっぴりグレイがかかったような花色、もうー堪りません。香りは強香じゃないけど素敵なオールローズ香、強香でなくても多花性だから満開時はとてもよく香ります。数で勝負ね(チャールズ・レニー・マッキントッシュの名前の由来は、スコットランド出身の有名な建築家の名前なんですよ。ご存知でした?私も今日まで知りませんでした

Dsc00028_2
ERモリニュー
この子もよく繰り返し咲いてくれてますが、実は7年間、鉢の土を替えてません。鉢の大きさは7号鉢、多分、鉢の中は根でいっぱいだと思うのですが、それなのに元気よく次々と咲いてくれるし、ある意味ではマッキントッシュに劣らないかも。今年は土を変えてあげようかなー(夏場は、グレイスみたいなカクタス咲きが著名に。でも、この顔もまぁーいいかな)

Dsc00021
クレマチス:ドゥランディ
折れた枝をお部屋に飾っていたらこんな色で開花しました。あれー、ドゥランディはブルーなのに???日照の関係パープルになったのかしら???

Img90332
こちらは外で咲いてるドゥランディ、こちらが本来の花色。
やっぱり日照の関係で花色が変わるのでしょうね。

Img67608
今日のお邪魔ニャンコ:モモ&コジロウちゃん(居候中の女の子で~す。でも、とても気の強い女王様なんです) 
PCの側で寝るな!いつも言ってるでしょう

※ご訪問ありがとうございます。応援のクリックをお願い致します(いつも応援クリック、ありがとうございます)※

              にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

| | コメント (16)

| | コメント (0)

何処まで伸びる気、クラウン・プリンセス・マルガリータ

ERクラウン・プリンセス・マルガリータ、パーゴラから大きく枝を伸ばしてます。
巨大化したのでパーゴラを作り替えたばかりなのに、側のオベリスクやアーチを独占する勢いです。ほって置いたら2階の屋根まで届きそう。
この一角には、大きくなる子、ERウィリアム・モリス、エブリン、スィート・ジュリエット 、コーネリア、フェリシアがいるので、これからどうなっていくのか想像するのが怖~い。

Dsc00022

Dsc00015
クレマチス:パゴダ
絡んで団子状態。こうなったらお手上げ、解けません。

Dsc00014
クレマチス:グラブタイ・ビューティ
実際の花色はもう少し、ダークな色です。
パーゴラに誘引してるERエブリンに絡んで咲いてるので、新しいバラが来ても植え替えが出来ないわね。

Dsc00013
ERグレイス
暑さの中、繰り返し良く咲いてくれますが、今回はアプリでなくピンクで咲いてます。
ピンクのグレイスも可愛いかなー。

Dsc00006
素敵な香りのフェリシア
パーゴラの上部まで伸びて来ました。この分では来年の春にはクラウン・プリンセス・マルガリータとの共演が見れそうかなー

Dsc00004
お邪魔ニャンコのトラ兄ちゃん&ミィーちゃん
PCの側で邪魔なんだけど。バラ選びが出来ないでしょう。コマツガーデン(http://www.komatsugarden.co.jp/)から素敵なカタログが届きました。またバラ選び、素敵なバラをカタログ上で見つけましたどんなバラを選んだかは、次回のお楽しみね。

※ご訪問ありがとうございます。応援のクリックをお願い致します(いつも応援クリック、ありがとうございます)※

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

| | コメント (10)

やっとバラが決まりました

やっとバラが決まりました。
パーゴラに誘引しているERエブリンの代わりのバラが。
色々悩んだ末にフレンチローズ:パピィー・デルバールに決まりました。
本当は、他に欲しいバラがあったのですが春の開花のみ・・・まあー春だけでもいいかなーと思わせる程素敵なバラだったんですが・・・デルバールさんに決めました。
植え場所があれば春のみのバラも育ててみたいけど、うちの狭い庭では余裕がなくて。

Img71783
フレンチローズ:パピィー・デルバール
繰り返し咲きで強いフルーツ香。花色はオレンジのかかったピンク、ちょっと個性的な花色かなー。

Dsc00001
宿根草:ルドベキア・タカオ
ちょっと、ひまわりを思わせるような感じの花ですね。

Dsc00005
フレンチローズ:ラ・ローズ・ボルド
花弁が可愛いボルドさんだけど、暑いから殆ど平咲きね。
この虫、逃げ脚が早いのよね。

Dsc00003
ERアルンウィッック・キャッスル
カップ咲きが可愛いアルンちゃんだけど、この子も暑さで別の花みたい。

<モモちゃん、何やってるの
居候ニャンコのコジロウちゃんはマグロの刺身が大好き。食べている時は、周りは気にしない。後ろでモモが匂いを嗅いでいても気にしない。普段なら必殺猫パンチが出るのにね。

※ご訪問ありがとうございます。応援のクリックをお願い致します(いつも応援クリック、ありがとうございます)※

              にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

| | コメント (17)

どうするエブリンを、何とかしなくては!!

我が家には、ERエブリンが3本あります。
その中の南側の庭に植えてるエブリンが巨大化。別の場所に植えてるエブリンは巨大化してないのになー。

エブリンさんは、日当たりが良すぎるのか暑さに弱いのか開花しても花持ちが悪く、蕾をすべて摘雷しました。また、トゲが凄いのでお手入れ時はいつも傷だらけに花がらも億劫に、何とかしなくては!!

思い切って別のバラを植える事に。お手入れしやすいようにトゲの少ないバラ、香りのよいバラ、なるべく四季咲き性で秋にもよく咲くバラを。

でも、条件にすべて当てはまるバラを選ぶのは難しく大変。中々決まらず、まだまだバラ選びは続きます。

Dsc00033
ERエブリン

Dsc00011
ERフォルスタッフ
長く伸びた1本のシュート、
一応、ツル仕立ての予定。側の花モモに誘引したり、窓際に誘引する予定なんですが他の枝にも養分が回り均等に伸びるように勢いの強いこのシュートを止めるため、切る予定なんです。でも、長く伸びているのを切るのは、ちょっと躊躇いますよね。

Dsc00012
ヒューケラ:ファンタンゴ
花後、切り戻していたら2番花が咲きました。

Dsc00015
ローズゼラニューム
薬効:色々ある中で、口臭消しには葉を噛むといいそうです。
バラに似た強い芳香があり、側によると良い香り。
何本か枝を挿し木にしたけど、根づいてくれるといいなー。

Dsc00018
ERメアリー・ローズ
この暑さの中、綺麗な花形で咲いてくれました。

Dsc00029
足じゃないですよー、コジロウちゃんの色っぽい?脚です。
両脚の点模様、わかりますか?汚れているのではないですよ。ちょっと変わった模様でしょう。

Dsc00030
コジロウちゃん、モモちゃんの熱い視線を感じるかなー。

※ご訪問ありがとうございます。応援のクリックをお願い致します(いつも応援クリック、ありがとうございます)※

                にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

| | コメント (19)

チャールズ・ダーウィンは凄いバラ

大きくなりすぎてパーゴラに誘引していたERチャールズ・ダーウィン
他のバラをパーゴラに誘引するために強剪定、移動させられたバラ。
強剪定は冬場でなく6月この時期に強剪定され移動させられたのに枯れずに元気に新芽を出し、こんなに伸びてます。
絶対に枯れると思い、新しく植えるバラを選んでいたのに・・・この生命力の強さ、恐れ入りました。新しく選んだバラは、どうしようかなー。 

Dsc00007
暑さにも負けずに元気に伸びてるでしょう。この分では蕾が付きそう。

Dsc00044
こちらは、6月に強剪定された後の7月6日の状態

Dsc00018
お気に入りのクレマチス:ドゥランディ
伸びて2m程に。枝が垂れ下がってるので誘引し直しをしていたら折れてしまいました
勿体ないから折れた枝は挿し木に、クレマチスの挿し木は初めて。根づけばいいのになー。

Dsc00005
コロコロお顔が可愛いERシャルロット
暑さに負けずに、この子も繰り返し良く咲いてくれます。優しい感じのソフトレモンイエローだから、どんな花とも合わせやすい子。
Dsc00016
ERシャルロット いっぱい咲いてくれるので、思いっきり切れます。
Dsc00011_0
ERウィリアム・モリス
この子は、花びらが薄いから暑さは苦手。花びらがちょっと元気がないです。
でも、繰り返し良く咲いてくれるお利口さん。香りも大好きな子です。

Dsc00003
ERアンブリッジローズ
アプリコット色が綺麗なバラなんだけど、暑いこの時期はピンクが強めに出てます。

Dsc00009_0
ベロニカ:ウィスターブルードワーク
ゴマノハグサ科(宿根草)
開花期:4~11月 花後に切り戻すことで繰り返し咲いてくれます。大株になる子らしいので枯らさないようにしないといけないわね。

Dsc00019
お昼寝する子は、良い子ね。今日も本を枕にお休み中のモモです。
ちょっと上を上を向いたお鼻が愛嬌あるでしょう。

※ご訪問ありがとうございます。応援のクリックをお願い致します(いつも応援クリック、ありがとうございます)※

             にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

| | コメント (18)

«医学大辞典は漬物石?